日本株か米国株か

私の戦略としては値上がり益狙いは日本の小型株

配当再投資による資産の増大は米国株で運用しています。

効率的市場仮説により日本でも米国でも株価はだいたいは妥当な値がついていると考えます。

ところが実際には本質的価値よりも安く買える株があります。

そんな企業の株を見つけるには自分以外の市場参加者よりも優れた目利きがなければいけないわけです。

そんなことが初心者投資家の私にできるのか?

可能性があるとすれば

1.機関投資家、プロがいない(強敵の少ない銘柄)

2.その分野について自分が詳しい(相対的有利性)

3.市場の暴落時につられて安くなるタイミングを狙う

こう考えると米国株で値上がり益狙いはまず無理、良くて市場評価どおりの成績に収斂するはずです。

私は英語さえしゃべれませんので!

日本株では可能性多少はあり。その分野はジャスダック等で時価総額の低い小売り、サービス業(私の本業)になるでしょう。参加者が少ないほど株価に歪みあり。ここを勝負の場とします。

あらかじめ調べておいた企業の株を暴落時に大量購入します。

暴落が世界規模で円高が進めばドル転によりダブルの恩恵が得られるので米国の高配当銘柄を購入します。こちらは値上がり益ねらいではなく、あくまでも株式の数量を増やすためです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です